2009年08月22日

痔の手術後、第1週

7月26日〜8月1日

まさに地獄

医者に言われた通りに薬を飲んでいると、とんでもない事が起き始めた週でもありました。それは、お腹が強烈にゆるくなること。抗生剤や痛み止めは、強烈に胃腸に負担をかける上に、悪い菌からよい菌まですべて殺菌してしまうため、腸にいる善玉菌もかなり殺菌されたのでしょうか。そのため、便の回数が1日に7回とか、異常な数になってしまってました。(酸化マグネシウムも飲んでいましたが、こういう状態だったために、ほとんど飲むのを止めました)

例えば2日目、まず朝起きてトイレに駆け込み、朝食をとってからすぐにまたトイレ、そして会社に着いてすぐにトイレ、そして昼食後にもトイレ、夕方にもトイレ、そして自宅に帰宅してからすぐにトイレに駆け込み、夕食後にトイレ・・・。ほんと地獄でした。

さらにたちの悪いことに、肛門が麻酔で思うように閉じれないために、「おもらし」をしそうになるのです。幸い、女性の生理用ナプキンをあてているので、下着は汚れませんか、お漏らしをした時は凹みました。

さらにウオッシュレットの使いすぎて、1日の最後の方になると肛門が痛くてたまりません。まさに激痛です。排便は食後が多かったために、痛み止めが効き始める前にすることが多く、かなりの痛みを我慢して排便することになります。(1回ごとの量は少なめ)


第1週は痛みとトイレとの戦いでした。この状態で車と電車を使って通勤していたのですが、本当に辛いの一言でした。これを経験したら、もう二度と痔にはなってはいけないと心に誓えました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村



PRg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。