手術をやるのがどうしても嫌な人、もう少し他の方法で治るか試してみたい人、私の場合はテレビCMで流れているボラ○ノールでは全く効きませんでした。では何が一番効いたかというと、ダイアスターという注入軟膏でした。

【第2類医薬品】 ダイアスター注入軟膏 【2g×10個】 (滋賀県製薬)

これでもダメで、かつ手術を拒否する場合は、まずは以下を試してみるしかないでしょう。とにかく痔の手術は痛いので、避けたい人はそれ以外の可能性にかけるしか手はないです。

あなたは、以下のように思っていませんか?

※痔は、手術をしなければ治らない。
※痔は、塗り薬や座薬を使わないと治らない。
※痔は、自分で治すことは難しい

もしそうなら、あなたの痔の常識は間違っています。
その理由を公開しますので、3分だけこの手紙を読み進めてください。

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”


痔はひどくなると、手術や薬だけでは決して治らないものだと痛感します。本来の生活習慣を変えて、さらによくする必要があります。

2011年01月24日

痔の薬はいつ塗る?

2011年になり、痔の手術をしてから1年半が経過しました。
しかし痔とは完治するまでに長年かかるとはよく言ったものです。
未だに薬や酸化マグネシウムが手放せません。

特に年末年始は仕事が忙しく、
●食生活が乱れる
●お酒の量が増える
●運動不足になる
●ホテル暮らしでフロにもつかれない
●過労

などがあり、痔にとっては最悪な環境が揃っていました。
ですが、なんとかぎりぎりのレベルで悪化せずに現状維持を保つことができました。
実践したこととして

●朝はコンビにで梅おにぎり、野菜サラダ、フルーツヨーグルト
●昼もなるべく野菜意識。
●夜寝る前に酸化マグネシウムを飲む。
●薬は寝る前と次の日の排便後に塗る。

これを徹底しました。

薬ですが、フロ後に塗らないでおくと、次の朝の排便後にすべりが悪くて切れ痔の
痛みを感じたことがありましたので、すべりをよくするためには、フロ後に塗っておいた
方がいいと感じました。

これもある程度治ってきたら、薬の量も減らしていかないといけないので、この辺りの判断は
難しいところでもあります。(早く止めると、また再発する)


ラベル: 切れ痔
この記事へのコメント
はじめまして。
同じく切れ痔の症状がある
ニャンコと申します。
興味深くブログみていました。
やはり切れ痔は手術をしても体質などもあり
完全にさよならとはならないものなのですね。。
私は見張りイボや肛門ポリープなどはなかったのですが人より少し肛門の大きさが小さいため1か月に1,2回少し切れるので
思い切って手術をしました。
手術はtoshiさんとは違う方法でしたが
LSISという括約筋の緊張をとるものを
しました。でもやっぱり、先が硬い便が
でるとなんとなく、怪しい感じがあります。
血がすごくでるとか痛みがすごいとか
そういうものはないので大げさなのかも
しれないのですが、、、。
一度こういうものを患うと神経がお尻に集中してたいしたことなくても
ネットで色々調べて余計に不安になり
病院に行った方がいいのか
はたまた大げさすぎるのかで悩みます。

でも結局病院に行こうが手術をしようが
やっぱり自分のお腹の体質が変わらないと
何度でもなりますよね。。
うまく付き合っていくしかないのですね。

Posted by ニャンコ at 2011年02月27日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
痔を予防するための教訓 10

是非何度も見て暗記しましょう。

@毎日お風呂に入りましょう。
Aおしりはいつも清潔にしましょう。
B便秘にならないように気をつけましょう。
C下痢をしないように気をつけましょう。
D排便のときに、無理にいきまないようにしましょう。
Eおしりを冷やさないようにしましょう。
F長時間、同じ姿勢を続けないようにしましょう。
G長いドライブは避けましょう。
Hアルコール、刺激物は控えめにしましょう。
I医師に相談し、正しい診断を受けましょう。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。