PR

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”
2009年からのロングセラー

手術しない!千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッド

2009年09月09日

痔の手術後、第5週

8月23日〜29日

いよいよ手術後5週目に入りました。軟膏も排便後と寝る前の2回、きちんと塗り続けていたおかげか、全く痛みがなくなってきました。また、便の太さも3センチくらいになり、信じられないような太さで正直びっくりです。ただ、最初に出す瞬間だけはどうしても硬く、あまりいきめないので注意して出すようにしています。少し圧迫感は感じますが、特に痛みは出血はなく、リンパ液も全く出なくなり、順調に回復してきていると思われます。

酸化マグネシウムだけは、食事が肉系であったり野菜や食物繊維不足と思われる時だけ、意識して飲むようにしていました。

2009年08月31日

痔の手術後、第4週

8月16日〜22日

この週の後半になってくると、ようやく便の数も1日2回くらいに収まってきました。いったい酸化マグネシウムと痛み止めの副作用はどれだけ長く続いたんだって感じです。リンパ液もだいぶ少なくなってきました。毎回パッドをする程の量でもないので、トイレットペーパーやティッシュを軽く当てておく程度にしていました。排便時もそれほど痛みを感じることはなくなってきました。たまに少しやわらかくない便をすると、かすかに出血が見られました。(紙に少し着く程度)

ようやく車に乗っても歩いても痛みをほとんど感じなくなってきたので、だいぶ普通の生活に戻れるようになってきました。というか普通に生活できるのがこんなに幸せに感じたことは今までなかったでしょう。

2009年08月26日

痔の手術後、第3週

8月8日〜14日

2週目と違って普段の痛みもマシになってきたので、だいぶ歩くスピードも速くなってきました。ですが、排便時は結構痛みが激しく、たまに出血も見られました。もうイボなどは取れているので、ダイアスターの痔の軟膏を塗ってみることに。塗り始めてから3日程度で少しずつ痛みもマシになってきました。(薬の効果か、それ以外なのかは不明)

しかし夏なのにプールや海で思い切り泳げないのが辛いですね。無理したら泳げるかもしれませんが、怖くて泳げません。痔の手術をすると本当に生活に制限を受けるもんだなと痛感します。

痔の手術後、2週目

8月2日〜8日

先週に引き続き、便の回数は1日4回〜7回が続きました。締め付けられるような痛みはなくなってきたので、見張りイボや肛門ポリープは壊死して落ちたのだと思われます。ただ、トイレの回数が相変わらず多いために、排便時の痛みは半端なく激痛でした。特にトイレを催すだけで肛門内部に痛みが走り、便の我慢もできずにトイレに駆け込むといった感じです。リンパ液は第1週よりは減ってきたものの、パッドなしでは生活はできません。

酸化マグネシウムについては飲むのを止めていたのですが、どうやら薬の効果がずっと持続しているのか、痛み止めなどの副作用で腸が弱っているのか、何の原因かはわかりませんが、排便の多さに影響を与えていたようです。

また、麻酔も切れる週のため、今までにはない傷の痛みも若干ありましたが、どちらかといえば排便後の痛みがひどかったです。

この週で痛み止めも切れるので、近所の病院に貰いに行くことにしました。行く前に手術をした病院の担当のドクターに電話をして、色々質問をしてみました。

以下、私の質問とドクターの回答

Q:痛み止めを飲むと腹がゆるくなりますか?
A:症状は人にもよりますが、胃腸に影響がでます。

Q:下痢が何回か続きましたが、抗生剤の追加は不要ですか?
A:不要です。最初の3日間だけで十分です。

Q:注入軟膏を塗る必要はありませんか?
A:イボやポリープを取るのが目的なので、塗る必要はありません。

Q:他の病院で痛み止めを貰う際には、初診代は必要?
A:必要です。診察も必要ですが、手術した旨を説明していただければ、すぐにもらえると思います。地元の風邪などでお世話になっている病院に行かれてはいかがでしょうか。

Q:アルコールは控えた方がよいですか?
A:飲みすぎなければ特に気にする必要はありませんが、たまに血流がよくなって痛みを感じやすくなる人はいます。

2009年08月22日

痔の手術後、第1週

7月26日〜8月1日

まさに地獄

医者に言われた通りに薬を飲んでいると、とんでもない事が起き始めた週でもありました。それは、お腹が強烈にゆるくなること。抗生剤や痛み止めは、強烈に胃腸に負担をかける上に、悪い菌からよい菌まですべて殺菌してしまうため、腸にいる善玉菌もかなり殺菌されたのでしょうか。そのため、便の回数が1日に7回とか、異常な数になってしまってました。(酸化マグネシウムも飲んでいましたが、こういう状態だったために、ほとんど飲むのを止めました)

例えば2日目、まず朝起きてトイレに駆け込み、朝食をとってからすぐにまたトイレ、そして会社に着いてすぐにトイレ、そして昼食後にもトイレ、夕方にもトイレ、そして自宅に帰宅してからすぐにトイレに駆け込み、夕食後にトイレ・・・。ほんと地獄でした。

さらにたちの悪いことに、肛門が麻酔で思うように閉じれないために、「おもらし」をしそうになるのです。幸い、女性の生理用ナプキンをあてているので、下着は汚れませんか、お漏らしをした時は凹みました。

さらにウオッシュレットの使いすぎて、1日の最後の方になると肛門が痛くてたまりません。まさに激痛です。排便は食後が多かったために、痛み止めが効き始める前にすることが多く、かなりの痛みを我慢して排便することになります。(1回ごとの量は少なめ)


第1週は痛みとトイレとの戦いでした。この状態で車と電車を使って通勤していたのですが、本当に辛いの一言でした。これを経験したら、もう二度と痔にはなってはいけないと心に誓えました。


応援お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村



手術をやるのがどうしても嫌な人、もう少し他の方法で治るか試してみたい人、私の場合はテレビCMで流れているボラ○ノールでは全く効きませんでした。では何が一番効いたかというと、ダイアスターという注入軟膏でした。

【第2類医薬品】 ダイアスター注入軟膏 【2g×10個】 (滋賀県製薬)

これでもダメで、かつ手術を拒否する場合は、まずは以下を試してみるしかないでしょう。とにかく痔の手術は痛いので、避けたい人はそれ以外の可能性にかけるしか手はないです。

あなたは、以下のように思っていませんか?

※痔は、手術をしなければ治らない。
※痔は、塗り薬や座薬を使わないと治らない。
※痔は、自分で治すことは難しい

もしそうなら、あなたの痔の常識は間違っています。
その理由を公開しますので、3分だけこの手紙を読み進めてください。 2009年からのロングセラーです。

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”


痔はひどくなると、手術や薬だけでは決して治らないものだと痛感します。本来の生活習慣を変えて、さらによくする必要があります。